アルバイトにも確定申告が必要な理由

あなたはアルバイトの明細書をしっかり見たことはありますか。時給の単価や支払金額だけを見て、あとはポイっと捨ててしまっている人は多いのではないでしょうか。もし、その明細書の「所得税」の欄に金額が入っていたら、確定申告をすることでお金が返ってくる場合もあります。
1年間の所得金額が103万円以下の人と130万円以下の人の学生は確定申告をするべきです。まず、103万円以下の場合から説明しましょう。103万円以下の場合は、税の制度の控除という条件にあてはまるので、本来なら税金である所得税を支払う必要がありません。しかし、アルバイト先によっては源泉徴収といって「この人は年間103万円以上稼ぎそうだからバイト代から税金を引いて払っておいてやろう」ということをしている場合があるのです。しかし、1年の途中でバイトを辞めたり忙しくてあまりバイトできなかった場合、103万円以下になることがあります。その結果、払う義務のなかった税金を会社が払ってしまっていることになります。
せっかく頑張って働いたバイト代なのに、知らず知らずに差し引かれているのは大変もったいないし悔しいことです。この払ってしまった税金を取り戻せるのが、確定申告なのです。
手続きとしては、自分の収入が103万円以下であったことを書類に記入し、税務署に出すことによって先ほどの税金の払い戻しを受けることができます。また学生の場合、優遇措置があり、この金額が130万円までに設定されています。書類も数字の記入だけで、難しいものではありません。払う義務のない税金はめんどうくさがらずに確定申告をして取り戻しましょう。