長期雇用、短期雇用の違いについて

アルバイトの雇用形態には、基本的に短期雇用と長期雇用があります。それらは具体的にはどの程度の期間のことを言うのでしょうか。
短期雇用の場合、最短であれば一日限りというものもありますが、だいたい1か月以内というケースが多いと言えます。夏休みや春休み限定のお仕事や、引越しのアルバイトのように、ある一時期とにかく忙しくなるというような業界が短期でアルバイトスタッフを雇う場合が一般的です。長くても1か月から2か月くらいが相場だといえるでしょう。短期のアルバイトの場合、短い期間ですぐにやめてしまうため、どうしてもスタッフの育成というものができません。その結果、誰でも簡単にできるような仕事が多い傾向にあります。
一方、長期雇用のアルバイトはどうでしょうか。長い期間というのは業種やお店の主観的な部分に依存するところが多いです。つまり、3か月くらいのところもあれば、6か月以上と考えているお店もあります。募集情報に大抵記載されている場合が多いですが、たとえ記載がなくとも、だいたいの雇用主は長期雇用でスタッフを募集する際には、6か月以上は働いてもらいたいと考えているケースが一般的です。というのも、スタッフを一人前に育成するためにはそのくらいに期間を見積もっておかなければならないからです。そのため短期雇用と違って、いろいろなスキルアップを図れる専門的な業務が多いという特徴があります。
ただちょっとしたお小遣い稼ぎがしたいのか、それとも将来に活かせるスキルを学びたいのか、など自分の目的に合った雇用形態を選ぶといいでしょう。